ベッドの構造

二段ベッドの場合、柱には様々な形があります。
柱の形には、角柱や丸柱、板柱があります。
直径のサイズが同じ場合、角柱の強度が最も強いです。
しかし、子どもが部屋に遊んでいると誤ってベッドの柱にぶつかってしまうということがあります。
そのようなときは角のない丸柱の方が安全性に優れているという面もあります。
板柱はデザイン性に優れており、薄いという特性があります。
しかし強度的に少々弱い面があるので、乱暴にあつかうと亀裂が入る可能性があります。
十分な安全性は考慮されていますが、より安全に使用したいと考えている場合は強度の面から柱を選ぶという方法があります。

二段ベッドは、木の棒を組み合わせて作る構造のものと、木の板を組み合わせて作るものがあります。
木の棒を組み合わせて作るものを、軸組といいます。
軸組のものは、種類が豊富で様々なデザインの中から選ぶことが可能です。
また、木の板を組み合わせて作る場合、価格は高いですが強度は非常に強いです。
二段ベッドの中で、安価な物を選ぶとなると軸組の方が多く、より安価で商品を使うことができます。強度も通常の使用には支障がないくらい強いです。
また、今後シングルベッドとして単独で利用したいと考えている場合は、木の板を組み合わせて作られた二段ベッドの方が違和感がありません。
元が二段ベッドとわからないような自然のデザインなので、デザイン重視に選びたいと考えている場合、パネル構造を選ぶ人が多いです。

Page Top