購入後を考える

段構成になっている二段ベッドの場合、寝床が低いものと高いものがあります。
低いものの場合、下の段が低く頭上に余裕があります。
背の高い子どもの場合、起き上がった時に頭をぶつけるということがなくなり、余裕があります。
また、床から高い寝床の場合は、下の方に収納ケースを入れることが可能です。
部屋の収納が少ない家庭で使うことができます。
将来的に二段ベッドを分けて、シングルベッドとして使いたいと考えている場合、高いタイプのものを利用したほうが床からの高さがちょうどよくなります。
二段ベッドの利用の場合、高さを調整できるものもあります。
床下から高くも低くも設定することが可能で、このベッドの場合だとどれにするか悩むことはなくなります。

二段ベッドは、人数に合わせて二段ベッドや3段ベッド等決めていくことができます。
しかし、二段ベッドは長期に渡り使っていくものです。
長いスパンで考えてベッドを選んでいくことが大切です。
幼い兄弟の場合、お母さんと下の子が一緒に寝て上の子は最上段に寝る等成長に合わせてベッドを選ぶことが可能です。
今後一人部屋にしていく、それぞれの増改築を行うという場合、人数だけにこだわらず家族構成や部屋の増減を考えてベッドを選ぶことが大切です。
家族で相談を行って子どもの成長に合わせていけるようなベッドを選んでいくことが大切です。
二段ベッドは一度購入すると、10年以上の長いスパンで使うことが可能です。
10年後のことも考えて購入することが大切です。

Page Top