灯りを消す前に確かめたいフィット感

開いたスペースの活用

二段ベッドは日本の住宅事情に適した家具です。マンション等床面積が狭い住宅が多く、開いた空間を有効活用するものとして二段ベッドが注目されました。大人になってもシングルベッドとして活用することが可能です。

詳しくはこちら

二段ベッドのメリット

二段ベッドを使うメリットとして、実用的で楽しいということがあります。子どもが二段ベッドを利用する場合、子どもの好きな要素が詰まった二段ベッドは非常に魅力的に映ります。また、経済的にも二段ベッドはお得です。

詳しくはこちら

材質と構成

二段ベッドを選ぶ場合は材質や構成で選ぶことが可能です。二段ベッドは木製のものが圧倒的に多いですが、スチール製のものあります。また、親子ベッドと呼ばれるタイプのベッドを選ぶのか通常の段構成か選ぶことも可能です。

詳しくはこちら

活用度が高い

活用度の高い二段ベッドが人気です

二段ベッドといえば、子どもたちの憧れのベッドの一つです。独特な空間が子どもたちにとってみると、秘密基地のようで、特別な場所なのでしょう。 人気のある二段ベッドは、やはり、上下段が分離できるタイプです。現在は子ども部屋が同室であったとしても、将来別々の部屋になる予定があれば、分離できるタイプがよいでしょう。 また、マンションやアパート住まいで、部屋が狭くても二段ベッドが置けるように、超コンパクトサイズの二段ベッドもあります。 ベッドが、スペースをとらないということは、今まで部屋にベッドを置きたかったけれど、あきらめていた人にもおすすめです。おまけに二段ベッドだと、子どもたちの寝るスペースも一人分で確保できるので便利です。

ベッドの種類も増えています

現在は、二段ベッドにもいろいろな種類があります。 ベッドがロータイプになっているものは、万が一二段目から転落しても安心です。高さも低いので、寝顔も見られるのが良いでしょう。 また、はしごが階段になっている二段ベッドもあり、足の踏み外しが心配な人にも安心です。 ほかにもはしごが邪魔にならないタイプや、ベッドをハイタイプにして、一段目の下を活用できるタイプがあります。 二段ベッドは、マットレスでなくても布団が使えるので、新しくマットレスを購入せずにすみます。 最近は、大人になっても使えるように、シックでモダンなタイプもあります。良いものを長く使おうという人も増えてきました。おしゃれで実用的な二段ベッドも増えてきています。

購入後を考える

二段ベッドの中には床が高いものと低いものがあります。それぞれ長所があるので長所に合わせて選ぶことが大切です。また、一度購入すると10年以上使うことができるので、後々のことを考えて利用することが大切です。

» 詳しくはこちら

ベッドの構造

二段ベッドの構造で柱の形で強度が異なることがあります。柱は角柱や丸柱、板柱があります。また、ベッドの構造も木の棒を組み合わせて作る軸組というものと、木の板を組み合わせでつくるものがあります。

» 詳しくはこちら

Page Top